下半身太りのダイエットは生活改善で行う

下半身太りの場合、ダイエットしたいのであれば生活改善が特に大切です。
ダイエットとして食事のカロリー制限をされている方もいるでしょう。
しかし、注意したいのはカロリーよりも食事の内容です。
カロリー内だからと言って、菓子パンなどを食べていては痩せられません。
また0カロリーと書いてあればダイエットに向いていると思うかもしれませんが、下半身太りの原因の1つでもあります。
甘い物、特におやしなどは控えましょう。
どうしても食べたい時は果物などを少量、ナッツ類などを食べるよく?んでおやつとして食べることです。
また1日の塩分摂取量を超えるような生活をしている方がほとんどです。
塩分をとりすぎていないつもりでも、醤油や味噌汁、お弁当などにも意識していないだけで多くの塩分が使われています。
減塩を意識して、なるべく自分で料理をすると自分で塩などの調節ができるようになります。
出汁をしっかりとると、塩分を濃くしなくても満足することができるようになるので、おすすめです。
さらにデスクワークで1日中座りっぱなし、逆に立ちっぱなしの方はお風呂の中やお風呂上がりにマッサージをしてセルライト対策やリンパを流し血液循環をよくしましょう。
運動不足はもちろん下半身太りの原因となりますが、運動する時間が作れないという方は普段の動作でも筋肉を意識して行ってみましょう。
歩くときに太股の筋肉を意識して大股で早歩きするだけでも運動になります。
家の中にいる時はつま先立ちで歩くなど、運動する時間をとらなくても出来ることから始めましょう。