下半身太りやセルライトの原因となる不規則な生活によるホルモンバランスの乱れと代謝機能の低下による脂肪細胞の血行不良

下半身太りは多くの女性が悩んでいるトラブルであり、年齢を重ねるに連れて症状は悪化していきますからそれなりの改善策が必要です。
さらに下半身太りを放置しておく事はセルライトの原因にもなり兼ねませんから注意しておく必要があります。
そもそも下半身太りは代謝機能の低下が原因となっている可能性が高く、代謝が悪くなりやすい女性が多く悩んでいるのも納得出来ます。
女性は男性に比べて筋肉の量が少なく、特にふくらはぎ周辺の筋力が低くなっています。
ふくらはぎの筋肉は下に流れ落ちた血液を心臓に向かって戻すためのポンプ代わりになりますから、この部分が鍛えられていないと、下に落ちたまま流れなくなります。
血液は老廃物も一緒に流して排出までの道を運ぶのですが、心臓に戻っていく力がなければ老廃物も下半身に残ったままの状態で放置されてしまいます。
この仕組みがまさに女性の下半身太りの原因であり、セルライトの原因にもなっています。

 

筋肉をトレーニングによって鍛えるという方法も良いのですが、なかなか筋トレをする時間もないという人も多いのではないでしょうか。
筋肉が必要な理由は血液を流して代謝機能の低下を改善する事なわけですから、筋トレをする時間がないのであれば、その他の方法で血流改善を図るというのも良いでしょう。
女性の不調をもたらすもう一つの大きな要因がホルモンバランスの乱れです。
女性ホルモンは女性の身体を造ると言ってもよいほど、それぞれの体調を大きく左右します。
この働きの状態によって血流も変わってきますから対処しておく必要もあるでしょう。
ホルモンバランスの乱れを起こしているのは不規則な生活です。
まず食生活においては、ファーストフードや添加物の多い食品などばかりを食べる事が多い時代ですが、これでは充分な栄養が行き届かず、細胞や内臓も元気になりません。
こうして細胞が老化していくと女性ホルモンはバランスを崩します。
対策としては大豆や、大豆を加工して作られた味噌や豆乳、豆腐などを積極的に摂取するのが良いでしょう。
食事には入れやすいものばかりですから、手間を掛けずに改善する事が可能です。

 

不規則な生活とは食生活に限らず、睡眠に関しても言える事です。
人間は起きている時に交感神経が働き、寝ている時に副交感神経が働いて神経のバランスを取っていますが、規則正しい睡眠を怠る事によってこの神経バランスも崩れます。
眠っている時に働く副交感神経は血流やホルモンバランスを整えるという役目も持っていますから充分に睡眠をとらなけらば全てにおいて不健康につながっていきます。

 

このように結果的にホルモンバランスの改善も血流改善へ繋がり女性特有の悩みに影響します。
さらに血流が良くなれば脂肪細胞の血行不良も解消してくれます。
脂肪細胞の血行不良は、全体の流れがスムーズにいく代謝機能が整えば解消されるわけですから、まずは生活を改善して健康な体質を造るkとが大切です。