下半身太り解消の為のダイエットは食欲との戦いではない

下半身の筋肉が発達していることが原因で下半身太りになっているという場合、一般的な運動によるダイエットは逆効果となってしまう可能性があります。
瞬発力の必要とされる運動をしてきていたという場合、速筋という筋肉が発達します。速筋の特徴としては、鍛えると太くなりやすいという事があります。つまり、瞬発力の必要とする運動をしていた人は筋肉が鍛えられることで脚が太くなりやすい状態であるということです。そして、運動をやめてしまった場合には、筋肉の間に脂肪が付いてしまうと、筋肉と脂肪が混ざり合い、まるで霜降り状態になってしまい、ますます痩せにくくなってしまいます。
この状態でダイエットをするという場合には、正しい方法で行うということが大切になります。つまり、筋肉は落とさず、脂肪を落とすということが下半身太りを解消するためには重要になります。その方法としては、食事制限と有酸素運動の組み合わせです。筋トレなどの速筋を発達させるような運動は逆効果となりますので、注意が必要です。
食事制限というと、食欲との戦いというイメージがありますが、摂取カロリーや栄養のバランスに気をつけることが出来れば、それほど強い空腹感を味わうということはありません。また、極度な我慢はリバウンドにつながります。摂取カロリー内であれば、おやつを取り入れるという事も悪いことではありません。
無理なく行うということが、ダイエットを成功させるためには大切なことです。