下半身太りの方、必見!オススメパンツコーディネート

下半身太りをカバーできるファッションがあれば…。
そう思っている方は案外多いようです。

 

その一例として、
「身長が低くて、下半身デブの私。普通のパンツのショーパンみたい」
「細身のバンツは、まるでボンレスハム」
「ニーハイが似合う体形になりたい」

 

足が太いとか、下半身太りの方は、とりあえず補足なる努力をしてもらって、とりあえず現在の体型をフォローできることを考えてみましょう。
いつくかのパンツの種類やコーディネートをご紹介します。

 

・パンツの色は黒か寒色系
黒いパンツは、脚を細く見えるのは、多くの方が知っていますね。
その他の色として寒色系(グレー、青、茶など)で濃い目を用いるようにしましょう。

 

黒のストッキングより黒タイツということです。
NGとしての暖色系(赤・オレンジ・黄色)は、ぼわーっと膨張して見えます。
ピンクのふわふわのセーターというだけで、温かなふわっとした雰囲気ですが、下半身太りの方が身につけると、風船の様に見えます。

 

・パンツの着こなし
オススメのスタイルは、クロップドパンツ。
足首が見える丈の短いパンツ、ジーンズのロールアップなどが、下半身太りをカバーすることができます。
これは、下半身は太くても足首は細いですから、目が足首に行くことで細い印象を与えることができます。

 

・膝丈のパンツ
膝丈までのパンツも足を軽やかに見せることができます。
トップスでヒップ丈のものを着用することで、全体にサイズ感をぼやかし、上半身も太さをごまかすことができます。

 

・お尻を見せるって?
また、発想を大きく変えて、ロールアップジーンズに少し丈の短いジャケットを組み合わせてみましょう。
ウエストラインが上になることで、足が細く見えるだけではなく、長く見せることができます。
下半身太りの方は、おしりを出すことを嫌がりますが、出してしまえば反対にすっきりとする効果もあるのです。

 

・足を隠したい!スキニーよりもバギー
スキニーは勇気が入りますね。
いっそのこと、バギーがオススメです。
ただし、上半身のトップスはすきっとしたものを。
Tシャツ1枚にジャケットとか、夏ならキャミソールなどで決めてください。

 

・トレンカはどう?
足先の肌を見せるトレンカ。
足全体を長く見せる効果で、下半身太りもカバーできます。
ショーパンと少し高いヒールと組み合わせることで、見た目もすっきりです。

 

お気に入りのブティックなどで、いろいろコーディネートをしてみてください。
隠すだけではなく、見せるところはしっかり見せることで、パンツ姿にも自信が付きますよ。