下半身太りの太い足を着痩せファッションでごまかせる服装とその着こなし


下半身太りの太い足で悩む女性は多いです。
ダイエットやエクササイズ、ダイエットサプリメントやマッサージなど下半身太りに効果があるとされるものは多いですがすぐに効果がでるものはあまりありません。わかっているけどすぐにこの太い足をどうにかしなといけないときはファッションの力を借りるのも一つの手です。

 

下半身太りをごまかせる服装のポイントは目線を操ることです。まず色を考えてみましょう。どんなにきれいな色でも目立つ色を目立ってほしくない太い足に使うことは避けましょう。下半身太りを着痩せでごまかすならボトムは暗い色を選びましょう。ダークトーンのカラーにはものが小さく見える効果があります。ブラックやネイビー、ダークブラウンなどがよいでしょう。季節によってはボルドーやモスグリーンなど色が濃いものなら着痩せして見える上に素敵な着こなしにできます。もっとも効果を期待するなら寒色系(ブルーなどの見ると寒さを感じさせる色)を選ぶと引き締まって見えます。反対に暖色系(暖かいイメージのある色)や明るい色や薄い色は膨張色(膨らんで見える色)とされていますのでパステルイエローやピンク、赤やオレンジはできるだけ避けましょう。

 

太い足を目立たないようにしたら次はほかに目線のいく場所を作ってあげるとよいでしょう。ここではファッショントレンドを意識したアイテムを足してあげると野暮ったくならない着こなしができます。下半身太り体型の人でも細い部分に目がいくようにポイントをつくりましょう。一般的に人間の体で誰もが細いとされている部分は首と手首と足首です。その部分に目立つアイテムをつけましょう。首でしたら華奢なデコルテを演出できるキラキラしたネックレスをつけたりきれいな色のコサージュやブローチを高い位置につけると良いでしょう。手首には大振りのバングルやブレスレットの重ね付けなど流行のアイテムだとさらにファッションセンスの高い着こなしになります。足首は太くて出せないと思っている人が多い場所ですが思い切って出してしまったほうがすっきり着痩せして見えます。パンツならロールアップして見せましょう。下半身太りの人はロングスカートでかくしてしまいがちですが背の低い人は特にロングスカートは面積が大きくなりぼってりした印象になり危険です。スカートなら足首の細いところだけ見せるような丈を選びましょう。脚が細く見える高さのヒールの靴を合わせるのもよいでしょう。この時ボトムの色と靴の色を合わせると足が長く見え着痩せて見えます。大きなお尻が気になる人はあえてしっかりしたラインの出にくいミニスカートやショートパンツに濃い目の色のレギンスを合わせると下半身太りがごまかせる服装になります。

 

最後に縦のラインを意識したアイテムを取り入れましょう。スカーフを首から長めにたらして巻いたり、首元をすっきりさせるためにアップの髪型にするなどポイントを上に置くと失敗しません。帽子や大振りのイヤリングなど自然とそこに目がいくようにすると下半身太りがわかりずらい着こなしになります。

下半身太りや産後太り、産後による骨盤の歪みは骨盤底筋や腹横筋に影響します

下半身太りや産後による太りは、下半身に重心がきますので、骨盤の歪みが歪んできます。これは産後すぐにでも影響がでます。骨盤に歪みが生じると歩くことがやや困難になりますが、個人差がありますので、度合はまちまちです。
骨盤の歪みは、骨盤を支えている骨盤底筋や腹横筋も歪んできますので、脇腹が痛かったりとか、歩き方がぎこちなくなります。慣れてくると時間とともに痛みは軽減されてきたり、歩き方も慣れてきますので、しだいに違和感を覚えなくなります。

 

対処療法として、鎮痛剤や筋弛緩薬を服用しますが、治すわけではないですので薬が切れてくると痛みを伴います。効果的な方法としてリハビリがあります。理学療法士による骨盤底筋や腹横筋をマッサージです。マッサージすることで筋肉の緊張がほぐれてくると同時に骨盤の歪みもしだいに改善してきます。ただし週数回通う必要がありますし、ひどい症状になると毎日通うこともあります。担当医や理学療法士とよく相談することが大切です。リハビリは保険が適用されていますので、3割負担になります(生活保護を受けている方は0割負担)。

 

産後や産後太りに関係ない下半身太りは、体質的な問題が絡んできますので、ダイエットしたから歪みが解消されるとは限りません。下半身太りは洋ナシ太りとも言われ、これもリハビリを受ける必要があるかもしれません。ただし痛みを生じていて、日常生活に不便であれば保険が適用されますが、美容のためだけだと保険が適用されません。産後太りには時間とともに解消されていきますが下半身太りは日常生活において様子をみてください。
運動療法(ウォーキングなどの軽い運動)はダイエットに効果のある有酸素運動ですが、太ももに筋肉がつくことがあり、下半身太りを必ずしも解消できるとは限りません。

 

女性は男性よりも骨盤が発達しているため、どうしても骨盤周辺の筋肉に負担がきます。下半身太りにならないためには、立つ機会を設けることです。座っているいる状態が多いと骨盤周辺の筋肉を使うことが薄れてきますので、骨盤の歪みになりやすいのです。立つ機会が多いと常に骨盤に力がかかっているため、その周辺の筋肉が安定に保たれますので、歪みにくくなります。ただしウォーキングとは別です。とにかく立つ機会を多く持ってください。もう1つは、バランスのとれた食事をこころがけることです。バランスが崩れると、ミネラル分が不足したりして骨粗鬆症や筋低下にもなりやすいです。そうなると骨盤がすかすかになったり、骨盤周辺の筋力が低下しやすくなります。若い女性は偏食が多いですので、偏食をまずなくすことです。若いうちから食事や運動の意識を持つことは将来骨盤の歪みで苦労せずに済みます。

 

まずはできる努力を最大限生かしましょう。それも若いうちからです。無理ではない範囲ですので、誰でもいつでも気軽にできます。あれこれ迷わずに今からさっそくとりかかりましょう。

 

セルライトが溜まってしまうと自分で解消するのは、なかなか難しいものです(ノ△・。)
そんな時はエステに頼るのも一つの方法です。
ラ・パルレのダイエットエステはセルライト撃退コースがあります。
今なら初回60分で500円の体験コースがあるので、気軽に体験できちゃいます!